援デリ業者が最低な理由

女の子が男に対して体を売る、つまりは、売春行為をして個人的に利益を得る援助交際という売春のスタイルは、意外と古くから使われてきた女性特有の処世術といっても過言ではないでしょう。

援助交際というスタイルの売春は、個人レベルで手軽に行える反面、お金を支払わずに逃げられたり、メールなどで事前に約束をしていたにも関わらず、いざ行為が終わった後に、お金を値切ったり、支払わずに逃げるといったトラブルなどのリスクが高いものなのです。

そこでこういった行為を防止しようと、暴力団などの息のかかった集団がバックについて、ネットを使ってお客を集め、女の子たちが少なくても客との間のトラブルを回避出来る売春行為が出来るのが、援デリ業者ということになります。

実際には守ってはくれない

前述までのことを見ると、まるで援デリ業者が守ってくれるかのように思えるでしょう。しかしながら、その実、援デリ業者が働く女の子を守ってくれるなんてことは、相当に甘い考えです。

例えば、摘発の憂き目にあったり、捜査などをされて、いざ逮捕されたとしても、女の子を助けるなんてことはせず、トンズラするのが関の山です。結局は、女の子たちを利用して、暴利を貪ることしか考えていない輩なのです。

個人の援助交際では、確かに力に勝る男性のいいなりにされるのを我慢するしかないでしょう。しかしながら、一見助けられているように思われても、結局の所は利用されているというのがオチなのです。

客に対しての配慮もなし

女の子ばかりではなく、利用する男性にとっての配慮も全くと言っていいほどにありません。摘発されれば、個人レベルの援助交際で関係ないとシラを切られます。

他にもロクに働かされている女の子の性感染症などの検査などは行っていませんし、性病を移されたと言っても、知らぬ存ぜぬという態度です。その上でひどい場合には、未成年を派遣して、それをネタに恐喝するなんてことも珍しくないのです。

援デリ業者で働く女性の実態

出会い系サイトを利用していると、かなりの高確率で、援デリ業者などの、悪質業者と遭遇する機会があるものです。しかしながら、出会い系サイトを利用し、なぜ風俗産業で真っ当に営業している風俗店を利用しないかといえば、やはりプロではなく、素人の女の子とエッチな行為がしたいからでしょう。

その実、出会い系サイトでは、一般女性とは巡りあえず、業者とは分かっていても、エッチが出来るならと、援デリ業者の思惑にまんまと乗せられている男も少なくありません。しかしながら、この手の男性は、援デリ業者の実態を知らず、結果としてトラブルに巻き込まれていき、犯罪被害者になるケースが多いのです。

風俗で稼げない訳あり女の子が多い

この手の業者で働き、いわゆる闇に潜っているような女の子の多くは、通常の風俗店では、ルックスに難があったり、サービス面で問題があるなど、稼ぐことが出来ない女の子がほとんどです。ルックス面などで問題がないとすれば、後は18歳未満の未成年の女の子など、法律上、風俗店で働くことが不可能な女性であることが多いです。

こういうことを加味すると、満足出来る女の子と巡り会える可能性は少ないということです。それでもネットをしているくらいだから、仕方ないなと思わせることが出来るのが業者の狙いです。よしんば満足出来ても、未成年などの場合が多く、大抵の場合にはトラブルに巻き込まれたり、摘発や逮捕の憂き目に遭うという末路が待っているのです。

そもそも犯罪集団である

前述までのものであれば、まだエッチなことが出来るだけマシです。それ以前に、エッチをさせることもなく、美人局というケースも少なくありません。

犯罪者の心理を甘く見過ぎです。スタート時点で法律を犯しているわけですから、お金を払ったからなんて論理は通用しないということを覚えておきましょう。犯罪集団と分かりながらも、手を出したあなたが悪いと言わざるを得ない状況だということなのです。
引用元:http://ortliebsjazzhaus.com/